カネの正体とは?

マジメに生活しているにも関わらず、なぜかおカネに悩んでいる女性の多くは「おカネがない状態(貧乏)」に恐怖を感じています。

その恐怖の原因の一つは「おカネには価値がある」という間違った信念であることは、前回のレポートで指摘しました。「おカネには価値がある」と本気で信じているからこそ、ますますお金に縛られて身動きができなくなってしまうのです。

ではなぜ「おカネには価値がある」と信じて疑いもしないのでしょうか?「おカネには価値がある」と思い込んでしまう理由をもう一歩踏み込んで考えてみると、ある大きな勘違いに気づきます。それは「カネは『モノ』である」という勘違いです。

しかし「カネは『モノ』である」という考えは明らかに間違っています。そこで本レポートでは「お金は『モノ』ではない」という事実をあなたにわかりやすく解説しようと思います。

本レポートを読み終わる頃には「わたしが今まで信じていた『カネ』っていったいなんだったのだろうか?」とショックを受けるかもしれません。

わたしは、あまりのショックの大きさにあなたが怒りをとおりこして寝込んでしまわないか、、ということを本当に心配しています。心の準備はいいでしょうか?心の準備ができた方から順番に、ここから先にお進みください。

1万円の正体

日本銀行券の見本

1万円札を見るとデカデカと「日本銀行券」と書かれています。日本銀行券とは一体何を意味するのでしょうか?

何を隠そう日本銀行券とは「日本政府はあなたに1万円の借金をしています」ということを意味する「借用証書」です。

つまりわたしたちが利用している1万円札は「借用証書」であり、1万円の価値がある「モノ」ではないということです。

実際問題、1万円の製造原価は20円を下回るといわれています。1万円札そのものに、1万円の価値があるわけではないのです。

ここであなたにお伝えしたかった事は「カネは借金から生まれる」という事実です。誰かが借金をしたとき、はじめておカネが生まれるのです。

銀行は合法的な 詐欺グループ集団

「借金したとき、はじめてお金が生まれる」のは、なにも政府に限った話ではありません。わたしたちにも当てはまる話であることにお気づきでしょうか?

わたしが銀行からお金を借りるとき、はじめておカネは生まれているのです。しかしほとんどの人はその事実に気づいていません。

わたしたちが銀行からお金を借りるとき、「銀行が所有していたお金の一部を貸してくれるのだろう」と勘違いしています。

まったくの誤解です。

わたしたちが銀行からお金を借りるとき、銀行がやることは「銀行口座の数字を増やすだけ」です。

何もないところからお金を生み出す仕組みを「信用創造」といいます。義務教育の内容を覚えていれば、誰でも理解しているはずのことですが、大人になると忘れてしまう人が多いようです。

つまり銀行は「無からお金を生み出している」のです。そして無から生み出したお金に金利を設定し、わたしたちに請求しているのです。

もちろん金融機関が無制限にお金を貸し出せるわけではありません。銀行が1万円の元手で貸し出せるお金は7万円~8万円程度と上限は決まっています。しかし無から生み出したお金に金利を設定できる濡れ手で粟の商売であることには間違いありません。

もしあなたが住宅ローンで3,000万円を借りたとします。あなたは銀行から借金をしたことになります。この時、大量のカネが『無』から生み出されるのです。

理解しにくい話なので繰り返しますが、あなたが銀行からマイホームを購入するために3,000万円を借りるとき、その3,000万円は銀行の手元にあったわけではありません。あなたが借りた3,000万円は、あなたが借りた瞬間にこの世に生まれるのです。

それにも関わらず、マイホームを購入するために借りた3,000万円の全額を返済するまで、わたしたちのマイホームは借金の担保に取られます。もし住宅ローンの返済が滞れば、わたしたちのマイホームは銀行に奪い取られてしまうのです。

でも冷静になって考えてみてください。繰り返しになりますが、銀行がわたしたちに「貸したカネ」なんていうものは『無』から生まれた「データ」でしかありません。(なぜならば、銀行は預貯金の数字を書き換えているだけなのですから!!!)

銀行は無から生み出した「データ」に金利を設定し、わたしたちに「カネは大事だから、返済しないと大変なことになる」といって脅してくるわけです。

日本の金融業で唯一身銭をきって金貸しをしているのはいわゆる「サラ金」業者の人たちです。サラ金業者は、手元にある10万円を貸すというリスキーな商売をしています。返済されなかった分はそのまま損失になってしまいます。だから金利も高いし、返済が滞った時の取り立ても激しいのです。

以上の話をまとめていきたいと思います。

あなたが銀行からお金を借りた瞬間におカネは生まれます。つまり銀行は元々はなかったはずのカネをわたしたちに貸したことにして、金利や手数料という形でさらにカネを徴収していくのです。

そんなこと許されるの?あきらかに詐欺じゃないの?」と誰もが思うと思います。そうなんです。元々なかったはずのカネを貸し出して金利を請求するなんて、明らかに詐欺的な仕組みです。

しかし銀行業が詐欺だと非難されることはありません。なぜならば、法律で守られているからです。あなたはきっと「なぜ?詐欺的な行為が法律で許されているんだ!?」と怒りを感じるに違いありません。

なぜ銀行業のような詐欺的な商売が許されていると思いますか?その理由はカンタンです。法律がつくられてから金融業が生まれたわけではないからです。

カネという絶大な権力をもつ金融業者の仕組みを合法化するために、法律がつくられたのです。つまり法律は後付けなのです。

「法律はわたしたちを守ってくれるはずなのに、なんてことだ!」と憤る気持ちをおさえられないかもしれません。しかし法律というものは、もともと権力者が国民を縛るためにあるものだということは覚えておきましょう。

アドバイス

本レポートをここまで頑張ってくださった方なら、誰でも億万長者になれる素質があると思います。粘り強く読み進めてくださってありがとうございます。

わたしがあなたに一番伝えたかったことは「この世のルールは金融業者が勝ちやすいようにつくられている」という事実です。

銀行、証券、クレジットカード会社が儲かっていることも、社員の給与が高いことも偶然ではありません。あなたがもし「わたしが億万長者になれるはずがない!」と信じているなら、きっと金融業者に都合のいいルールで勝負しようとしているからだと思います。

マネーゲームのルールがわかっていなければ、マネーゲームで勝てる可能性はほぼゼロでしょう。しかし大多数の日本人がゲームのルールもよく知らされず、強制的にマネーゲームに参加させられています。

その結果おそろしいことに「じぶんが負け続けている」という事実さえ知らずに、日々の暮らしを送っているのです。だから豊かになっているという実感がないままに老後をむかえてしまうのです。

ほとんどの日本人がおカネについて心配しています。そして老後の生活についても心配もしています。それにも関わらず、効果的な対策を講じないまま問題を放置してしまうのです。

なぜ問題を放置してしまうのか?その理由は問題に気づいていないからです。

なぜ問題に気づかないのか?その理由はカネに関する知識がないからです。

「頑張れば将来豊かになれる」という昭和の時代はとっくに終わったというのに。。。。。無知というものは、本当に怖いですね。

最後に質問です。あなたは「じぶんが負け続けている」状況ですか?もしそうなら、今の状況から抜け出すために具体的に何をしたらいいと思いますか?

おまけ

ここから先は本レポートの補足的な内容です。興味がある方のみご覧ください!!

カネはどこにある?

前回のレポートで「円の価値が薄められている」という事実を明らかにしました。(※薄められたインスタント味噌汁の話です。)以下のグラフを覚えていますか?

通貨量の推移(マネーストック)

通貨量の推移(マネーサプライ)

あなたは前回このグラフを見て「日本国内のカネが15年間で5倍に増えているなら、わたしの生活が豊かになってもいいのに!!」と恨めしい気持ちになったのではないでしょうか?

きっと「カネはあるところにはあるんだな。」と思ったに違いありません。その通りです!!カネはあるところにはあることになっているのです!!どこにあることになっているのか?ズバリ、おカネは「銀行」に眠っています。

ほとんどの日本人は「銀行にカネがある」と教えると、「金の延べ棒や万札が、大きな金庫に眠っている」ことをイメージします。しかし財宝がどこかに眠っているはずというような考え方は大きな誤りです。

実は、銀行が保有しているカネのほとんどは「データ」として存在するのです。データとは何でしょうか?「データ」とは要するに「預貯金データ」です。

あなたの銀行通帳には「●●円」という数字が記入されているはずです。そしてその数字は、ハッカーなどに改ざんされないように、厳重にコンピューターで管理されています。

あなたが銀行に預金しているのと同様に、銀行も日銀に預金しています。その預金は「日銀当座預金」といわれます。

実は国内のおカネ(通貨量)が増えるとき、そのほとんどが「日銀当座預金」が増えていることを意味しているのです。つまり世の中に出回っている紙幣や貨幣が増えているわけではないのです。(残念!)

先ほどのグラフで2017年1月時点の通貨量は435兆円だと説明しましたが、その内訳は以下のようになっています。

通貨量435兆円の内訳

日銀当座預金 ⇒ 330兆円
紙幣 ⇒ 100兆円
貨幣 ⇒ 5兆円弱
合計 ⇒ 435兆円

435兆円の76%は日銀当座預金、つまりデータとしてしか存在しないのです。

通貨量が増えているのに、わたしたちが裕福になった実感がもてない理由の一つはここにあるのです。

仮想通貨の嘘

一昔前は「本当に大事だと思っていたおカネがデータだなんて、、、嘘でしょ?」といって、なかなか信用してもらえませんでした。

しかし近年では「仮想通貨」が一般に認知され始めているので、「通貨はデータである」ことを感覚的に理解できる人も少しずつ増加しています。

実は仮想通貨の代表例であるビットコインをもっていないあなたでも、ビットコインの取引履歴のすべてを閲覧できることはご存知でしょうか?

chainFlyerというウェブサイトを利用すると、以下のような図を見ることができます。

ブロックチェーン

取引履歴のデータ

そして1つのブロックのなかには、取引履歴のデータがつまっています。今、上図にあるように「513455番目」の箱を開いてみると、以下のようなデータを閲覧することができます。

以上の説明でお伝えしたかったのは、ビットコインといわれているものの正体は「取引履歴」だということです。ようするに「データ」ということです。

とはいえ、「仮想通貨」という名前で呼ばれているので「仮想通貨は『仮想』(バーチャルなデータ)なのかもしれないけど、円は本物(リアル)な通貨なんでしょ?」と勘違いしている人もいまだにたくさんいます。でも、あなたは騙されてはいけません。

実は、、、「仮想通貨」という名称自体、最初から嘘っぱちなのです。仮想通貨を意味する英語「Encryption currency」は、「暗号通貨」と訳すのが正確です。暗号技術に支えられた通貨という意味です。

仮想通貨という明らかに間違った訳が一般的になっているのは、「仮想通貨はバーチャルだけど、円はリアルだから信用してね!」という誤ったメッセージを無意識にあなたに印象づけることが目的だとわたしは思っています。

でも本レポートを読んだあなたなら、「仮想通貨も円も、その本質はデータである」ということを理解しているはずです。

繰り返しますが、あなたが価値があると思っているカネと呼ばれているものの正体の大部分は「データ」でしかないのです。この事実はあなたも知っておいて損はありません。