【第134話】娘の彼氏がネトウヨだったら?

ジャーナリストの安田純平さんの会見をYoutubeのライブ放送で見ているとコメント欄の誹謗中傷がひどかったんです。

その時思いました、、、、もし娘の彼氏が「ネトウヨ」だったらどうするんだろう。。と。。。

もしあなたに娘さんがいるなら心配だと思いますが、朗報もあります。実はネトウヨは彼氏にしたくないランキング堂々の一位です。

参考 カレシにしたくないネットで見る付き合いたくない男No1は『ネトウヨ』(ネット右翼) / 働いてないのに2ちゃんねるでは一人前Pouch

だからよほどのことがないかぎり、あなたの娘さんがネトウヨとお付き合いすることはないでしょう。

でも、、、、、、、、

日本にネトウヨが多い理由

ネトウヨって世界各地にいるんですが、特に日本人はネトウヨ率が高いという推定があります。なぜ?日本にネトウヨが多いのか?

哲学者の東浩紀氏と社会学者の宮台真司氏が、アメリカに視察にいった時に、その件について興味深いことがわかったといっていました。(出典は忘れましたごめんなさい)

アメリカにも4chanという掲示板があるのですが、日本の2ちゃんねるよりも盛り上がっていない理由をアメリカ人に尋ねたところ、、、、、

アメリカ人は「匿名にもかかわらず無責任に偉そういうやつはクズ野郎」という意識が共通認識としてあるということだったのです。

確かにアメリカではTwitterの名前は「本名」が常識であり、日本のようによくわからないペンネームをつけたりしないのです。

あなたは驚くかもしれませんが、アメリカでは陰謀論者でも実名で活動しています。最近では「Qanon」(キューアノン)信者が「Q」と大きく書かれたTシャツを来て、政治家の選挙演説に堂々と参加しています。

Qの信者は、「ドナルドトランプは、世界を金融で支配する権力者から、世界を救うヒーロー」だと本気で信じているんです。(そのQanonも、もともとは4chanでの書き込みが発端だったといわれています。)

ネトウヨから子どもを守ろう

安田さんの会見は平日の昼間に実施されました。(確か金曜日)

ようするに、誹謗中傷を熱心に書き込んでいるネトウヨは「金曜日の昼間に仕事をしていない」ということです。

ネトウヨから殺害予告100回以上受けている弁護士である唐澤貴洋氏によれば、ネトウヨは実際に遭ってみると「おとなしく」、「さみしい人」という印象で、憎もうと思ってもなかなか憎み切れなかったということです。

ようするにネトウヨには顔をみて話ができる仲間がいないということです。普通はアホなことをすれば仲間が止めてくれますよね?バカなことするなって。。。。

でもネトウヨにはストッパーがいないから、匿名で無責任なことをガンガンいうわけです。しかも根拠が希薄。

で、、、、、怖い話をするのはここからです。

ネットが生活に浸透していない世界を知っている人は、「ネットの匿名情報なんてそんなものだ。」という共通の前提を共有していると思うのですが、今の子どもはそうではないということです。

ネットで交流しただけの人を好きになったり、恋愛したり、婚活アプリで出会った人と数か月で結婚したりするんです。またネットの誹謗中傷に悲観してしまい自ら命を絶つということもあります。

脚本ありきで進行するテレビのバラエティー番組は娯楽でしかないのに「冗談が通じない人」がたくさんいるように、ネットのデマ情報ですら本気で信じちゃう人は増加中です。

ですから、無教養なYoutuberがしたり顔で主張していることですら、「この人のいっていることは正しい!」と妄信してしまうんです。

家族みんなで一つのテレビ番組を見ていたころは、「この情報はオカシイ!」とお父さんやお母さんが修正してくれました。でもYoutubeやネット情報は一人で見ますよね?だから、その情報がどれだけ誤った情報であっても、その情報が視聴者の心に深く突き刺さることだってあるのです。

もしお子さんがいるなら、「どんな人のチャンネルをみているの?」と聞いてみてチェックすることをおススメします。お子さんが得体の知れないYoutuberの意見を鵜呑みにして、意味不明な思想に染まってしまわないかチェックすることも親の責務になってしまったと思います。

それでは今日もよい一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です