給料が上がらない 本当の理由とは?

なぜ?頑張っても給料が上がらないのだろうか?と疑問に思ったことはありませんか?

「不景気だから」というのも一つの答えでしょう。しかし稼ぐ人は不景気でも稼ぐ人は稼いでいます。

その証拠に、日本には年収1億以上の人たちが2万人以上います。この人たちは「年収1億以上になってしまった人たち」です。

あの手この手で会社の利益を圧縮し節税する経営者や高収入のサラリーマンは多いです。それにも関わらず、年収1億円以上になったということは、「いろいろ節税したけど年収1億円以上になってしまった」ということを意味します。

日本には稼げる人と、稼げない人がいます。一体この差はどこにあるのでしょうか?

稼げていない人の特徴

断言してもいいですが、稼げていない人は売る商品を間違っています。

念のため強調しておきますが、あなたが営業職でも、事務職でも、勤め先が大企業でも中小企業でも、自営業者であっても、稼げていない人は全員「間違った商品」を売っているのです。

稼げていない人が売っているもの、それは、、、、「生命時間」です。ひらたくいえば、労働力を提供するということです。

勤め先で「あなたにしかできない仕事」はありますか?

基本的にはないはずです。もちろん周囲の人に何も言わずに退社したら、たくさんの人に迷惑がかかるでしょうが、他の人と入れ替え可能な業務だらけのはずです。

企業に勤めるということは自分の労働力を売り物にするということです。誤解を恐れずにいえば、本質的にはアルバイトと一緒だということです。

残念ながら日本には「働き方改革によって残業を規制された結果、収入がメッチャ下がった!!」と悲鳴を上げている人が少なくないのです。生命時間を売っている何よりの証拠です。

もちろん正社員、派遣社員、嘱託社員などの契約形態の差はあるでしょうし、契約形態によって福利厚生などの条件も異なるでしょうが、「生命時間を売っている」という意味ではアルバイトと一緒だということです。

また自営業者といっても、本質的には(生命時間を売っているという意味では)アルバイトと一緒という人もたくさんいます。(大手企業の下請け 等)

では稼ぐためには、何を売ればいいのでしょうか?

その答えを理解するカギは、「仕事とは何か?」、「お金儲けとは何か?」という問いにありますので、引き続き解説を続けていきます。

「仕事」とは?

突然ですが質問です。

仕事の定義はなんでしょうか?

疑いもなく「お金を稼ぐこと」と無意識に信じてしまっている人が多いと思います。

しかも最近では「やりたいことを仕事にするのが理想」という考えをもった人も増加しています。

しかし本来、「仕事」と「お金を稼ぐこと」と「趣味」(やりたいこと)は、それぞれ異なる次元の話なのです。

では仕事とはなにか?ズバリ仕事とは「何かしらの機能を社会に提供すること」です。

この定義に従えば、ニートであっても「仕事」をしていることになります。実際に「プロニート」と名乗るブロガーは、生き様や主張をブログで公表し、広告収入を得るなどして生計を立てています。

ここまでの話を理解したなら、「仕事をすれば経済的に豊かになれるわけじゃない」ということも理解できるはずです。例えば、ブログを運営するも「収益は雀の涙ほどしかありません。」という人だってウジャウジャいます。

「お金を稼ぐ」とは?

では「仕事」が「お金を稼ぐこと」でないとしたら、「お金を稼ぐこと」の定義はなんでしょうか?

「お金を稼ぐこと」の定義はズバリ「お金を集めること」です。

つまり仕事をしなくてもお金を集めることはできるのです。ということは・・・・極論ですが、、、、、仕事をしなくてもお金持ちになれるのです。

あなたは「そんな馬鹿な話あるか!!!!!」と思ったはずです。おそらく「イマイチ納得できない・・」とモヤモヤしているはずです。

しかしここはあなたがリッチになるかならないかを左右する上で、重要なポイントですのでもう少し丁寧に説明します。

「生命時間を売らずにお金を集める」ということは、珍しいことでもなんでもありません。

例えば「預金」。銀行に預けておくだけでお金は増えます。(現在では物価上昇が高くて実質的な利益はでませんが。)

また「株式投資」という選択肢もあります。株式に投資するだけで儲かる場合もあります。(逆に失う場合もあるのでおススメしない。)

さらには「お金を持っている人から集める」という方法もあります。要するに「スポンサーを募る」ということです。

スポンサーを募るとは?

スポンサーを募る事例をいくつかご紹介します。

有名なスポーツカー「フェラーリ」の創業者エンツォは、「レースで優勝する車をつくるからお金を出してほしい」とスポーンサーを募りました。昼夜を惜しまず働いて、起業資金を準備したのでは「ない」ということです。

現代の有名企業はフェラーリよりも、もっと大胆です。

例えばGoogleは2004年8月に上場しましたが、当時は「赤字だらけの会社」だったのに株式を売り始めました。

Amazonだってそうです。Amazonは巨大な倉庫への設備投資が巨額だったので、上場してからもずっと赤字でした。通年で黒字を達成したのは2014年になってのことです。

もしかするとあなたは、「フェラーリやGoogle、Amazonのような大企業の事例は役に立たない」と思っているかもしれませんし、「働かずにお金を集めるのはズルい気がする」とも思っているかもしれません。

しかし給与所得者である以上は、お金を稼ぐことは「ほぼ不可能」なのです。

日本の「平均像」

日本人の平均年収は、男女ともに50代前半まで上昇し、50代後半になると減少傾向にあります。

しかもピーク時の年収は男性で680万円、女性で430万円程度です。もちろん平均の数字なので、平均以上に稼ぐ人もいれば稼げていない人もいるでしょう。

またグローバル化を背景にした日本の政策(アベノミクス等)は、2,000万円以上の所得者(上位1%ほど)を優遇していますから、今後はますます格差は広がっていくでしょう。

平均的な給与で、子供の教育費、住宅ローン、老後資金の積み立てをやり繰りするのは「かなり厳しい」というのが現実ではないでしょうか?

例えば30歳で生んだ子どもが大学を卒業する52歳までは、教育費の負担が大きいので、節約する意識がかなり強くないと貯金はほとんどできないでしょう。

ということは52歳から引退するまでの間に、住宅ローンの返済と老後資金の積み立てを同時にやらなければいけないということです。

どれほどのお金を貯めなければいけないのでしょうか?

サクッと計算してみましょう。65歳に引退すると仮定すると残りは13年。その13年で老後資金を2,000万円貯めるには一月で12万8,000円が必要になります。

もちろん2,000万円という数字は65歳から100歳までの35年間、毎月5万円ずつ切り崩して生活するという前提です。

ですから海外旅行の費用、葬式費用とか、自宅のリフォーム費用、老人ホームに入居する費用などは一切含まれていませんので、贅沢したければ2,000万円では足りません。

その一方で「遺産相続でまとまったお金が手に入る」とか、「年金の範囲内で生活できる」という環境にいるなら2,000万円もの老後資金を準備する必要はありません。

あなたは老後の生活をシミュレーションしたことがありますか?もし「計算したらヤバイことがわかりました。」というなら朗報です。

なぜならば、大多数の人は尻に火が付かないと将来を見据えた行動などできないからです。

ほとんどのサラリーマン世帯が「なんとかなるだろう」と信じているのですが、結局のところにっちもさっちもいかないので「引退できない」という将来を受け入れています。

わたしは東京のど真ん中で暮らしており、毎日のように道路工事やらビルの建設作業の現場に遭遇するのですが、そこで働いているのは若者ではありません。

白髪の混じった中高年よりも年上と思しき『白髪の老人』が暑い中、頑張って働いている光景をよく目にします。

道路工事の現場だけでなく、スーパーでも、ホテルでも、コンビニでも、ファストフードでも、昔ならとっくに引退していたはずの老人が頑張って働いている姿をよく見かけるのです。

つまりわたしが言いたいことは、「老後になっても働かないと生活できない」、だから「死ぬまで働け!」というのが、『一億総活躍社会』の具体的な中身だということです。

額に汗して働く美学

「額に汗してマジメに定年まで働いているのに、老後が楽しめない社会はオカシイ」と憤慨する人も多いでしょう。

わたしも同感です。なぜ?こんなおかしなことになってしまったのか???と疑問に思う方もいるかもしれませんので、少しだけ脱線しますが、答えを申し上げておきましょう。

ズバリ「日本が経済成長していない」からなのです。年金を含む政府のシミュレーションのほとんどは「日本の経済成長」が大前提になっています。大前提の一つが崩れたので、結論も変わったという当たり前の話なのです。

ではなぜ?日本は経済成長しないのでしょうか?

ズバリ「新しい産業にシフトしなかったから」なのです。

同じアジアの国、中国はアメリカと覇権を争うまでに成長しました。中国が成長したのは新しい産業にシフトしたからです。新しい通信規格である5G関連の特許は、アメリカよりも中国の方が多くもっています。

ではなぜ?中国が新しい産業にシフトできたのか?それは、、、、「儲からない業種には、補助金は出さん!」と中国政府が産業構造の改革に本腰を入れたからです。(ちなみに日本は真逆のことをしています。なぜ日本では産業構造改革が進まないのか?という点については割愛します。)

少し脱線しましたが、わたしが言いたかったことは「額に汗してマジメに働いても老後の生活が安泰とは限らない。」ということです。

ではどうすればいいのでしょうか?

ズバリ解決策は、「スポンサーを募る」ことです。「お金はあるところから集める」ということに尽きるのです。

ではどうすればスポンサーを募るという「できそうもないこと」を可能にすることができるのでしょうか?

もちろん解決策はあります。あなたがサラリーマンでも専業主婦でもできることはあるのです。

次回は「スポンサーを募る」ということについて、もう少し詳しく解説していきたいと思います。お楽しみに!